春の唐松岳へ

20210327

先日は晴天の唐松岳へ行ってきました。

直前まで天気をみてから決めたので、最高の天気!

春の陽気で温かく、風もなかったのでかなりの好条件に恵まれました。

スタートは八方尾根スキー場のゴンドラ乗り場。

まずはゴンドラとリフト2本を乗り継いで標高約1900mの八方池山荘へ。

往復3000円程でちょっとお高めですが、唐松岳の日帰りが可能なのもスキー場あってのもの!
潔く払いましょう。

ゴンドラ乗り場についたのがちょうど8時頃になってしまい、この日は晴天の土曜日ともあってゴンドラに乗るまでに1時間ほどかかってしまいました。

リフトトップにある八方池山荘を出発できたのが9時30分。

八方池山荘からの景色でも十分なんじゃないかと思うくらい最高の景色でした。

それでも標高が上がると景色も徐々に変わっていくのが山のいいところ。

「最高だなー」と何度言ったことか。

後ろを振り向けば戸隠、妙高、火打山などが!

写真はありませんが、南には八ヶ岳や南アルプスさらには富士山まで見えていました。

山座同定

この日は気温が高かったこともあって、お昼ごろには山頂付近でも雪が緩んでいました。

それでもアイゼンをつけていればかなり歩きやすい感じでした。

いい斜面

BCスキーのメッカの八方尾根ともあって、スキーヤーの方々もかなり多かったです。

歩いていて思ったんですが、皆さん道を歩いているように一列で歩いていました。

踏み固められていて歩きやすいところであれば、気持ちはわかります。

逆に多くの人が歩いたことで雪がシャバシャバに溶けてイゼンも効きづらいところでも、道を歩くように一列になっている人がほとんどでした。

道のようになってしまっているので、なんだか違うところを歩きずらいという気持ちもわかるのですが、、、、

意外とその「道」からはみ出してみるとアイゼンがよく効いて歩きやすいこともありますよ。

※もちろん雪庇の踏み抜きなどに注意することは大前提です。

唐松岳と不帰キレット

唐松岳頂上山荘手前の細尾根を振り返って

唐松岳頂上まであと少し

山頂直下の最後の部分が急です

南側に見える五竜岳

五竜岳の存在感!カッコイイな~

剱岳どーん

五竜岳から剱岳までのパノラマ
山座同定

唐松岳は条件が良ければ、比較的上りやすい雪山です。

春も雪山を楽しみましょ~

長野県安曇野在住の登山ガイド。

憧れの北アルプスや南アルプスから関東近郊の低山まで様々な山をご案内いたします。登山未経験者の方も道具の購入からサポート致しますのでお気軽にお問合せ下さい!

☆LINEでもお問い合わせ可能です。
ID検索で「@164ehykx」を検索していただくか、下の友達追加ボタンか、サイドバーのQRコード読み取りからお願いします。

コメント